スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「マニュアルより直感」

 2011-04-09
AERAの緊急増刊「東日本大震災 100人の証言 3・11ひとびとは何を見たのか」の中で、神戸女学院大学教授の内田 樹(たつる)と云う仏文学者の方が、次のようなことを書き寄せています。

---------------------------------------------------------------

『ジョーズ』などの昔から何度も繰り返されているワンパターンなパニック映画(物語)と、今原発で起きている事の構図がよく似ているとした上で、

(引用)
「平穏な時代にどうふるまうと自己利益が増大できるかのノウハウについては、書店のビジネス書コーナーに有用な知識を満載した本が山積みしてある。けれどもいったん秩序が失われ、マニュアルもガイドラインも無効になったときにどうふるまえば生き延びられるかについて書かれたものは、ビジネス書コーナーにはたぶん一冊も存在しない。それは物語の書架に見出す他ない。」
と書かれて、次のように繋いでいます。

(引用)
「それらワンパターンの物語を私たちは太古から倦むことなく服用してきた。そこに『危機的状況を生き延びるための知恵』があったからである。」
そして、次のように締めています。

(引用)
「物語が教える教訓はまことにシンプルである。『金より命』『マニュアルより直感』。」

---------------------------------------------------------------

以上です。

『直感』は、指南書やビジネス書を読み漁り、トレーニングを重ねてもそうそう養えるものではありません。

受けのいいパフォーマンスは、平時にしか役に立ちませんし、危機的状況の中では誰も見向きもせず評価もしてくれません。
そうしたパフォーマンスが悪いとは思いませんが、それが全てだと云うように勘違いして溺れてしまうと、人としての大切なものを見失うことになるんじゃないでしょうか。

『鋭い直感』は、養うものではなく、得るものだと思います。
誰にでもあるのでしょうが、誰でもが得ているわけではないのでしょう。

ふだんの欲求や思考の奥にある内なる声に耳を傾けて、何かに“気付く”ことが出来た時、『直感』を引き出すものが得られるんじゃないでしょうか。

今置かれているこの国難は、我々日本人が忘れ掛けてる大切な心を思い出す、絶好の機会なのかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://major2.blog78.fc2.com/tb.php/25-128be937
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

オルダ

Author:オルダ
『三丁目の夕日』時代に、東京都心の某三丁目で産湯に浸かった、不思議マニア、地震雲ウォッチャーにして、野球大好きな、どこにでもいるオヤジの一人です。

ブログのタイトルは、子供の頃に好きだった『天才バカボン』のパパさんの決め台詞から拝借いたしました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

FC2ブログランキング
最近のトラックバック

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。