スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

政府が浜岡原発の全機運転停止を要請

 2011-05-07
私は、若い頃から、反原発の考えをずっと持ち続けています。

電気は、たしかに文明の発展に大きく寄与するなくてはならないものです。その為には、沢山の電力を供給する事は間違いなく必要です。
しかし、だからと言って、何か事が起きた場合のリスクが桁違いに大きい、と云うより、手が付けられなくなるほど危険な原子力発電所を各地に建てて、原発への依存を高めるのをよしとするのは、余りにも安易な考え方です。
目先の商業主義的な発想が、原発推進派の基本思想なんでしょう。今の事故対応を見ているとよく判ります。繰り出す対応のほとんどに、自己都合が見え隠れするようなものばかりですから。

今回の福島原発事故のように、大勢の人々の生活や財産を奪い、癌や白血病等の発病に怯え、且つ、広大な土地を今後何十年も、いや、もしかしたら何百年何千年も人が立ち入る事が出来なくなる“死の地”にしてしまう怖れのあるものが原子力発電所なんです。
高度に放射能汚染された土地は、“復興”させる事が出来なくなるのです。

何度も言いますが、この狭い日本の国土に、原発を建てても大丈夫な所など、何処にもありません。

どうしても国内に原発を建てたいのなら、たしか、硫黄島が無人島だった(一部自衛隊が駐留?)ので、そこに建てたらいい。
本土からも十分に距離があるので、原発有事の際も、今回のような大騒ぎにならないでしょう。
ただし、本土と距離がありすぎるので、送電ロスは相当なものだろうから、それをどうするのか?と云う問題や、絶海の孤島であるため、テロリストに狙われやすいと云う問題もあるでしょう。また、原発有事の際には、東洋のガラパゴスがある小笠原諸島が放射能汚染されてしまう恐れもありますが。。。

前置きが長くなってしまいましたが本題です。
昨夜、菅首相が、浜岡原発の運転停止を中部電力に要請しましたね。

首相官邸ホームページ

菅内閣総理大臣記者会見 平成23年5月6日

-----以下、会見内容転載-----

菅内閣総理大臣記者会見 平成23年5月6日

【菅総理冒頭発言】

国民の皆様に重要なお知らせがあります。本日、私は内閣総理大臣として、海江田経済産業大臣を通じて、浜岡原子力発電所のすべての原子炉の運転停止を中部電力に対して要請をいたしました。その理由は、何と言っても国民の皆様の安全と安心を考えてのことであります。同時に、この浜岡原発で重大な事故が発生した場合には、日本社会全体に及ぶ甚大な影響も併せて考慮した結果であります。

文部科学省の地震調査研究推進本部の評価によれば、これから30年以内にマグニチュード8程度の想定東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫をしております。こうした浜岡原子力発電所の置かれた特別な状況を考慮するならば、想定される東海地震に十分耐えられるよう、防潮堤の設置など、中長期の対策を確実に実施することが必要です。国民の安全と安心を守るためには、こうした中長期対策が完成するまでの間、現在、定期検査中で停止中の3号機のみならず、運転中のものも含めて、すべての原子炉の運転を停止すべきと私は判断をいたしました。

浜岡原発では、従来から活断層の上に立地する危険性などが指摘をされてきましたが、さきの震災とそれに伴う原子力事故に直面をして、私自身、浜岡原発の安全性について、様々な意見を聞いてまいりました。その中で、海江田経済産業大臣とともに、熟慮を重ねた上で、内閣総理大臣として本日の決定をいたした次第であります。

浜岡原子力発電所が運転停止をしたときに、中部電力管内の電力需給バランスが、大きな支障が生じないように、政府としても最大限の対策を講じてまいります。電力不足のリスクはこの地域の住民の皆様を始めとする全国民の皆様がより一層、省電力、省エネルギー、この工夫をしていただけることで必ず乗り越えていけると私は確信をいたしております。国民の皆様の御理解と御協力を心からお願いを申し上げます。

【質疑応答】

(内閣広報官)
それでは、質問を2問お受けします。
山口さん、どうぞ。

(記者)
NHK、山口です。
安全性の観点から止めるということですけれども、中部電力はこれまで東海地震並みの揺れが起きても安全性に問題はないとしてきて、国も容認をしてきたわけですけれども、なぜこの後に至って突然浜岡原発だけなのかというのが一つ解せないことと、もう一つ、この夏場を迎えてこれを全部止めるということになると、夏場の電力量よりも供給量が下回ってしまうと思うんですが、その対策は具体的にどのようにお考えになっていますか。

(菅総理)
ただいま申し上げましたように、浜岡原子力発電所が所在する地域を震源とする、想定される東海地震が、この30年以内にマグニチュード8程度で発生する、そういう可能性が87%と文科省関係機関から示されております。そういう浜岡原発にとって特有といいますか、その事情を勘案をして、国民の安全、安心を考えた結果の判断、決断であります。
また、電力不足についての御質問でありますけれども、私はこれまでの予定の中で言えば、多少の不足が生じる可能性がありますけれども、この地域を始めとする全国民の皆様の理解と協力があれば、そうした夏場の電力需要に対して、十分対応ができる、そういう形がとり得ると、このように考えているところであります。

(内閣広報官)
それでは、もう一方。
坂尻さん、どうぞ。

(記者)
朝日新聞の坂尻です。
今、総理がなされた浜岡原発の停止要請なんですけれども、これはどういった法律のどういう根拠に基づく要請であるのかという点と、もしそういう法的な担保がない場合は、この中部電力側が断ってきた場合、総理はどのようにされるおつもりなんでしょうか。

(菅総理)
この要請に関して、後ほど海江田経済産業大臣から詳しく御報告をさせていただきますけれども、基本的には、私が今日申し上げたのは、中部電力に対する要請であります。法律的にいろいろな規定はありますけれども、指示とか命令という形は、現在の法律制度では決まっておりません。そういった意味で要請をさせていただいたということであります。
もう一点は何でしたか。

(記者)
もし中電側がこの要請を断ってきた場合、総理はどういうふうにされるおつもりなんでしょうか。

(菅総理)
ここは十分に御理解をいただけるようにですね、説得をしてまいりたいと、このように考えております。

(内閣広報官)
それでは、これで総理記者会見を終わります。
どうもありがとうございました。


-----転載終了-----

余談ですが、この会見内容は、今朝の朝日新聞にも、NHK「かぶん」ブログにも掲載されていますが、そこには、質疑応答の質問者の所属と名前が消されています。これは、メディアの慣習なのでしょうか??天下の大手メディアの意見や質問は、編集されないものは匿名でしか出せないのですかね?自分たちの考えに自信がないのでしょうか?

さて、この菅総理の要請は、反原発、脱原発の方々からも多くの好評価を得ているようです。
法的な強制力はなくとも、一国の首相の発言ですから、その後の報道によれば中電側も受け入れるようですからね。

私も、一応はよい事だと思います。ただ、反原発、脱原発の方々の中には、「浜岡はこれでもう安心」とか言う人もいますが、私はそうは思いません。

菅総理の要請の中に、「想定される東海地震に十分耐えられるよう、防潮堤の設置など、中長期の対策を確実に実施することが必要です。」とあるため、大津波に対する防潮堤の設置のし直しさえすればいいような受け止め方をしている報道なんかもみられますが、とんでもなく甘いリスク想定です。

福島原発の事故は、大津波による電源の喪失が原因だったと云う倒狂電力の発表がウソであった事はすでにご存知かと思います。

外部電源喪失 地震が原因(しんぶん赤旗)

-----引用開始-----

外部電源喪失 地震が原因
吉井議員追及に保安院認める


日本共産党の吉井英勝議員は27日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1原発の外部電源が失われ、炉心溶融が引き起こされたと追及しました。経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認めました。

東京電力の清水正孝社長は「事故原因は未曽有の大津波だ」(13日の記者会見)とのべています。吉井氏は、東電が示した資料から、夜の森線の受電鉄塔1基が倒壊して全電源喪失・炉心溶融に至ったことを暴露。「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源喪失に至らなかったはずだ」と指摘しました。

これに対し原子力安全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました。海江田万里経産相は「外部電力の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました。


-----引用終わり-----

この記事では、福島原発の事故が外部電源の喪失が原因だというようなことですが、正確には、津波による内部電源の喪失と、地震そのものによる外部電源喪失の両方が重なった結果、原子炉のコントロールが出来なくなったのが原因です。
なお、原子炉内部がどれほど破壊されたのか、それが津波によるものなのか、地震によるものなのかは、まだ正確には判っていません。なにしろ、やっと人が入れる目処が付いたばかりですから。

まあ、仮に、30mの大津波が襲来しても原発には浸水しないような防潮堤を建てたり、耐震鉄塔を建てて複数の電源ルートを確保したとしても、別の重大な事態には全くの対策の提案がされていないと思います。
それはどういうことかと云うと、原子炉の建物そのものの真下が地割れなどで何十センチや何メートルも地獄の口を空けたり、上下にズレた時に、果たして建造物が無事でいられるのかと云うことです。

大地震の揺れに対する対策は、これまでにも随分と研究検討され、それなりの対策を立てているようですが、建物が直接破壊されるような地割れ等についての対策がなされているような話は聞いた事がないのですが…。
もしもご存知の方がいたら教えて欲しいです。

地面が地獄の口を空けても、原子炉建造物は空中に浮かんでいられるのでしょうか?
それとも、そんな事態にまでなったら“仕方がない”“運が悪かったんだ”と思っているのでしょうか?

私の想定が、飛躍しすぎていると思われる方がいたら、私からすれば、その方々は余りにも想像力が欠如しているとしか言いようがありません。

原発以外の他の建造物ならば、適当なところでリスク想定の上限を引いてもいいと思いますが、原発に関しては、先にも書いたように、広大な死の土地を作ってしまう可能性があるのですから、科学的にも人道的にも100%安全であると誰もが納得できるようなものでなければ、原発を建設して運用してはいけないのです。

実際に、チェルノブイリ周辺は死の地となっていますし、福島周辺も同じ運命でしょう。
これが現実です。

今回の菅総理の要請を受けて、中電は、2~3年のうちに大津波対策としての防潮堤を新たに建設するので、その間は原発の運転を停止する考えのようですが、原発を停止していても、そこに燃料棒などがあること自体が危険なのです。
まずは、運転停止は一つの前進ですが、なるべく早いうちに廃炉とするべきです。
人間は、まだ、放射性物質を安全に保管する為の完全な方法を持っていないのですから。

また、浜岡原発だけが特段危険な存在と云うのは可笑しな話ですね。

日本は、北から南まですべからく大地震に襲われる可能性がある国です。
沖縄諸島だって過去に、明和の大津波と言われている津波を起こした八重山大地震に襲われているのです。
八重山地震 (ウィキペディア)

繰り返しますが、日本には原発を安全に建てておく場所など何処にもありません!
日本の全ての原発は廃炉とし、エネルギー政策を根本から見直す必要があります。
(本当は、世界中の原発も同様ですが…)

ところで、何についてもそうですが、一部の人や組織の目先の利益(自己利益)だけの視点に立った思想(思考)や行動は、大多数の人に不幸をもたらします。一見幸福そうに見える人たちも、本来得られる筈の利益の何分の一しか与えられておらず、誤魔化されているのです。

この東日本大震災は、非常に悲しい出来事でしたが、原発震災と云う複合災害を引き寄せたため、多くのことを気付かせてくれている又とない機会だと思います。

我々小市民一人一人にできる事は僅かな事ですが、今まで見えなかった事、気付かなかった事が、一人でも多くの人に判ってもらえてくると、きっと世界が善い方向に変わるような気がします。一時の小さな混乱が何度か繰り返されたとしても、気づきを忘れさえしなければ、必ず善い方向に向かうでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
オルダさんの記事、一文字一文字時間をかけて読みました。
あまりにも深刻な内容なのでうかつにコメントできないくらいです。
でもわかりました。私がとっても理解したということをオルダさん、わかっていてください。
私の知り合いたちも、コメントこそしなくても、オルダさんのサイトを読んでいます。
オルダさんのブログを読んでいると、一貫した姿勢の大切さがわかります。
ところで硫黄島とはなんと!
あたしが命を落とした島じゃないですか…。
利用されるだけされて今はそのまま廃墟となっている島。
この島の現在の姿を見ると、ここにも人間の傲慢さが見てとれますね。
【2011/05/07 20:41】 | womi #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://major2.blog78.fc2.com/tb.php/39-6119e06e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

オルダ

Author:オルダ
『三丁目の夕日』時代に、東京都心の某三丁目で産湯に浸かった、不思議マニア、地震雲ウォッチャーにして、野球大好きな、どこにでもいるオヤジの一人です。

ブログのタイトルは、子供の頃に好きだった『天才バカボン』のパパさんの決め台詞から拝借いたしました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

FC2ブログランキング
最近のトラックバック

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。