スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

逃げられるものなら…

 2011-05-26
昨日だったかの、サンプル納品に来た取引先の営業マンとの会話です。

私 「ところで、(業績のほうは)最近はどう?」

営 「いや~、ダメですね。。。」

私 「やっぱり、震災の影響とかなの?」

営 「ありますねぇ。。。」「こちらは、地震の時、大丈夫でした?」

私 「ウチは、古いビルの割には殆んど被害はなかったよ。それなりに揺れたけど、給湯室の茶碗が割れたくらいでね。」

営 「それはよかったです。」「あの…私、今、単身赴任なんですよ。」

私 「えっ!こっちに出てきて、もう何年も経つじゃない!?」

営 「いや、あの、千葉に住んでたんですが、女房と子供を大阪に返して、一人で(都心の)S区に住んでるんです。」

私 「もしかして、放射能の事で・・・?」

営 「いや、そうなんです。。。」

私 「それは、正解だよ!行ける所があるのなら、そのほうがいい。被曝は、出来るだけ少ないほうがいい!」

営 「実は、ウチの会社に、前職が東電の協力会社勤めだったのがいるんですが、そいつが、あの地震の直後に、『原発が危ない!』って言い出したんです。」

営 「そいつが言うには、『こんな大きな地震(と津波)で、原発が大丈夫なワケがない!!東電の連中は、何か(重大な事故が)あっても、絶対に外部には言わないから、隠すから!』って言うんですよ。それで、そいつは、その日のうちに、女房子供を田舎(四国)に返す手配を始めたんです。」

営 「そしたら、翌日だったかに、あの爆発ですよね。。。そいつは、昔の職場仲間に、引っ切り無しに連絡を入れていたんで、相当ヤバい状況だってことを自分らも知っちゃったんです。。。しかも、東電の社員をはじめ、協力会社、関係会社の社員の殆んどが、自分たちの家族だけを避難させたらしいんですよ。あの計画停電だとか騒いでいた時にですよ。もう、ニュースで言っている事と全然違うんですから・・・。」

私 「・・・・・(あってもおかしくないことだなぁ)・・・・・」

営 「どうも、パニックになるからとか理由つけて、黙ってたらしいんですけどね。。。」

私 「本当に卑怯な奴らだな。。。」


この営業マン君、何かもっと深刻な情報でも耳にしているのか、チョッと元気がなかったのが気になりました。

それにしても、この話の状況が事実なら(たぶん大方事実でしょう)、政府、保安院をはじめとする関係官僚、東電関係者の奴らは、本当に卑怯者です。国賊と言い切ってもいいかも知れません。

なにしろ、国民を騙しておけたおかげで、拡散放射能から一番逃げておくべき初期の時期に、パニックにならずに、自分たちの身内だけを無事に逃がせたんですから、さぞ、安心された事でしょう。

シンガポールとか九州だったかに、家族を避難させた政府の重鎮も複数いましたっけね。

世が世なら、奴らに向けて天誅の嵐が吹き荒れても、何の不思議もありません。


さて、この営業マンとの、そのあとの会話です。

営 「どうなんでしょう。もう、原発は落ち着くんでしょうかね?」

私 「いや、全然、当初とリスクは変わってないさ。それどころか、メルトダウンだったとかで、もっとリスクがあることが判ってきたじゃない。」

営 「そうしたら、この先、まだ安心できないと・・・。」

私 「そうだよなぁ。。。もしも、また、爆発が起きたら、また大量の放射性物質が撒き散らされるから、その時は、私も家族を避難させるかも知れない。とくに子供はね。私みたいに老域に入った者は、どうでもいいけどね(^_^;)」
「けれど、行く所や、行ける所があればなんだよなぁ・・・。」

私 「そうそう、大阪だって、完全に安心なんかは出来ないよ。」

営 「??」

私 「だって、原発が沢山ある敦賀や美浜なんかは、大阪のすぐ近くじゃないか。東京-福島間より全然近いじゃないか。敦賀の『もんじゅ』なんかは、この前の事故がまだ片付いていないままで、ある意味、福島よりズッと深刻なんだぜ。」

営 「!!」

私 「浜岡を止めたって言ってるけど、止めたって、すぐに安全なわけじゃないし、日本のどこでだって大地震が来る可能性があって、津波が大丈夫だったとしても、原子炉の建物そのものが地震で壊されたら、終わりさぁ。みんな福島と同じだよ。テレビなんかで『安全です』って言ってたのがウソだったのは、もう判ってるよね。」

営 「(-_-;)」

みなさん、もしも、今度また、福島原発で爆発が起きたら、関東と南東北の方たちは迷うことなく避難しましょう。
少なくとも、中学生以下の子供たちは避難するべきです。
爆心地から遠いほどいいのですが、せめて、長野以西、青森以北くらいの所には避難するのがいいと思います。
1~2週間くらい避難できるといいんですが。。。
とにかく、爆発初期に出る大量の放射性物質の襲撃から逃れる事です。

まあ、でも、その後避難先から戻ったとしても、食材や水、等々が問題ですね。。。。。

ホンと、政府、行政にシッカリしてもらわないと。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://major2.blog78.fc2.com/tb.php/51-49e1dec6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

オルダ

Author:オルダ
『三丁目の夕日』時代に、東京都心の某三丁目で産湯に浸かった、不思議マニア、地震雲ウォッチャーにして、野球大好きな、どこにでもいるオヤジの一人です。

ブログのタイトルは、子供の頃に好きだった『天才バカボン』のパパさんの決め台詞から拝借いたしました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

FC2ブログランキング
最近のトラックバック

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。