スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

無名の市井の声

 2011-06-08
知人が、「3.11で多くの人の意識が変わりましたが、取り残された人も沢山います。」と云うようなことを言っていました。
その通りだと思います。

テレビ等メディアの表舞台を賑わす、日本のリーダーとされる人々が、連日茶番を繰り広げていますが、彼らも、それを囃し立てるメディアも、“取り残された人々”ですね。

さて、今日は、こんなものを見つけました。
福島県の会津の、いち お豆腐屋さんの廃業の告知です。

豆腐屋廃業のお知らせ

この原発震災は、こんなささやかで真面目な田舎のお豆腐屋さんも廃業に追い込んでしまったのです。
このお豆腐屋のご主人が怒りを向けている国・県・東電にしてみれば、安全だと言っているのに廃業するのはそちらの勝手だ!ときっと言うのでしょうね。

しかし、こんな事がいつまでも許されていてはいけないと思います。

表舞台の茶番の影では、利益優先で国を売る行為が密かに進行中のようです。
TPP問題もその一つですし、復興会議もその売国行為に利用されていく様子が伺えます。
いずれも他人事ではないものばかりです。近いうちに、それらの事も紹介していきたいと思います。

3.11で意識を変えることが出来た、日本を愛する人々が、これからの世の中を変えていく中心になるしかありません。それは、世界に向けても新たな発信になるはずです。

以下は、お豆腐屋さんのお知らせ全文です。
是非ご覧ください。

-----「続きを見る」以下転載-----

豆腐屋廃業のお知らせ

今年3.11の大地震と津波に引き続く原発事故の発生以来、事故収拾の進展や会津地域の放射能汚染の状況を見守りながら、豆腐屋の今後の方針についてずっと考えてきました。これまで、会津産を中心として福島県産無農薬大豆100%の地産地消型豆腐屋の実現に向けて、パートナーの契約農家の皆様に様々な無理をお願いして、創業以来10年目にして昨年やっと達成することができました。しかしながら、福島県内の土壌汚染の実態が徐々に明らかになるにつれ、今年度の県内産大豆の使用を断念し、4月早々に契約農家さんに作付けをお願いしないことをお伝えしました。

その後、会津地域においても、公式発表の数値を用いても年間積算量(=累積量)が一般人の法定基準の1mSvを超える見込みとなっています。 実際に計測された方々によると空間線量の値が国や県の公式発表の数値よりも実際は2-3倍以上高いこともわかっています。さらに、事故原発からは今も放射性物質が放出されていますし、1-3号機がメルトダウンしていることも正式に発表されました。すでに、会津も本来避難すべき地域となっています。

豆腐屋としては、大豆そのものは昨年度産ですので問題ないのですが、製造工程において空気中から放射性物質が混入する可能性は否定できません。このような状況において、豆腐を作る気力も売る熱意も失ってしまいました。また、低線量被曝や内部被曝のリスクから家族の健康を守ることも重要と考えます。いろいろと悩んだあげく、豆腐屋を廃業し県外に避難、つまり「原発難民」になることを決意した次第です。

原発事故発生後の東京電力、国、県の福島県民に対する情報隠し、不十分かつ不誠実な避難計画などの非道の対応には怒りを抑えることができません。特に県が雇った放射線健康リスク管理アドバイザーである長崎大学の山下俊一教授による年間100mSvまで安全と全県民に信じささせようとする活動は、極めて許しがたい行為です。国や県の非道の対応によって中通りの子供たちは今も極めて高い被曝リスクにさらされています。余計なことに予算を使わず、子供たちを避難させるために全力を上げるべきだと考えます。子供を守ろうとしない政府は、存在意義がありません。

今回の原発事故によって、福島県の海も大地も汚染されました。それを元にもどし補償する責任は一義的には東京電力にあります。東京電力が加害者で、福島県民が被害者です。もちろん国や県も責任があります。私は、県外へ避難した後も、福島県民のはしくれとして、県民の避難の支援、事故とその後の不手際な事故対応、情報隠しの責任者に対する責任追及を生涯をかけてやっていく所存です。

1999年に一目惚れした会津に移住し、2000年6月に豆腐屋を創業して以来、支えていただき応援していただいた皆様には本当に申し訳ございませんが、苦渋の選択をご理解いただきますようお願い申し上げます。

豆腐屋の営業は6月12日(日)をもって終了させていただきます。

長い間、本当にありがとうございました。妻ともども心より御礼申し上げます。

2011年6月6日

豆腐屋おはら 店主
小原 直樹
電話0242-85-2770
携帯080-1655-6868
  090-6866-2770
Email:aizu@ohara21.com

追伸

避難に関する情報など私にできることであればお問い合わせ下さい。またお叱りのお言葉、近況でも結構です。

-----転載終わり-----
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://major2.blog78.fc2.com/tb.php/59-bf7b197c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

オルダ

Author:オルダ
『三丁目の夕日』時代に、東京都心の某三丁目で産湯に浸かった、不思議マニア、地震雲ウォッチャーにして、野球大好きな、どこにでもいるオヤジの一人です。

ブログのタイトルは、子供の頃に好きだった『天才バカボン』のパパさんの決め台詞から拝借いたしました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

FC2ブログランキング
最近のトラックバック

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。