スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

千葉沖と駿河湾遠州灘を注視

 2011-08-17
色々と書きたい事があるのですが、なかなか書けなくて残念です。
ブログは“生もの”とも言われますが、時事ネタの場合はとくにそうですね。
時期を失すると書けなくなります。

今日は、取り急ぎ気になる地震活動の話を簡潔に記しておきます。

最近活発化の様子が窺える、駿河湾や遠州灘の、いわゆる東海地震エリアでのチョッと大きめの地震が続いているのが気になると言いました。前震には違いないと思いますが、まだ発生間隔が広いので、今日明日のような心配はないんじゃないかと思います。

ただし、12日に発生した遠州灘の地震は、その発生メカニズムが想定する東海地震と同じだと云うことです。

メカニズム「東海」同様か 12日の遠州灘M5.2 @S[アットエス]より

この付近でのM5~M7程度の地震が発生間隔が短く起きたら要注意と見ています。

また、今日8月17日は、千葉東方沖で地震が群発しているようです。

気象庁地震情報
気象庁地震情報20110817

20時44分頃に起きた“関東東方沖”というのは、3.11震源の南端辺りです。マグニチュードも5.9と大きめで、千葉沖の活動に呼応しているかのようにも見えますが、実はこの地震が、北米プレート南端とフィリピン海プレートの活動をさらに励起しているようにも感じられます。
なにせ最近は、埼玉、栃木、茨城、千葉の県境付近の内陸地震も活発化してきています。今朝方に起きた“茨城南部M4.4”というのは、東京でも揺れを感じました。

福島沖や宮城沖での余震の群発だけでなく、それより南の関東圏の沖合いでの群発地震が活発になりつつあって、加えて、相模沖や遠州灘で大き目の地震活動が見られるようになっているので注視する必要があると思います。
皆さんも、ただ揺れの大きさに目を奪われるのでなく、「どの場所で、どれくらいのMの地震が、どの程度の間隔で起きたのか」に注目してみてください。

100%ではありませんが、大地震の前には大きな前震がある場合が多いのです。
ただ、M6~M7くらいまでなら、内陸地震でなければそんなに恐れる必要はありません。津波情報に注意を向ければいいでしょう。
しかし、その規模の地震が数日内に幾つか続いたならば、間もなくその付近で巨大地震が発生すると思っておいていいかと思います。小さな群発も侮れませんが。。。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://major2.blog78.fc2.com/tb.php/67-85117c4c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

オルダ

Author:オルダ
『三丁目の夕日』時代に、東京都心の某三丁目で産湯に浸かった、不思議マニア、地震雲ウォッチャーにして、野球大好きな、どこにでもいるオヤジの一人です。

ブログのタイトルは、子供の頃に好きだった『天才バカボン』のパパさんの決め台詞から拝借いたしました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

FC2ブログランキング
最近のトラックバック

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。