スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

励ましの御礼など

 2011-09-24
21日に上陸した台風15号。凄かったですね~。
でも、意外にも東京の雨は短時間で上がってしまいました。その代わりではないですけれど、風が轟音と共に猛烈に吹きまくっていましたっけ。自宅近くの遊歩道では、サクラなどの枝がアチコチで折れて道を塞いでいたし、いつも春に綺麗なピンクの花を咲かせてくれていた桃の木?は、根っこから折れてしまっていました。一年ほど前に出来た高層マンションの敷地植え込みの大木も根こそぎ倒されていたので、本当に凄い強風が吹いていたんだと思い知らされました。我が家の植え込みにある2mほどの木も根が浮いて傾いてしまってたんですよ。

ところで参ったのは、当日の17時頃には、首都圏の鉄道がほぼ全線ストップしてしまった事です。幸いにも、21時頃に各線が動き始めたので帰宅は出来ましたが、朝のラッシュ以上のすし詰め状態で遅~くに帰宅する羽目になるし、翌朝も、急遽出張になったと云うのに、在来線も新幹線も遅れていて、ヤキモキさせられてしまいました。

一時は、3.11の時の帰宅難民状態の再来か!?と、覚悟を決めたほどでしたが、なんとまあ、一年に二度も天災の影響でこんな事があるとは、それ自体が“千年に一度”のイベントのような気もします。もしかしたら、三度目、四度目もあるかも知れませんね。

それにしても、この台風15号。本土に上陸しても勢力が衰えませんでした。
和歌山の辺りに上陸した時が950hPaで、甲府付近を通過する時も955hPaと、あまり弱まっていませんでした。
福島原発の辺りを通った時でさえ970hPaでしたから、本土直撃の台風としてはかなり強力だったと思います。私の拙い記憶でも、生まれてこの方、これほど強力な台風が関東を通り抜けた事は聞き覚えがありません。

この台風15号が、何故、こんなにも強力なままだったかと云うと、それは海水温が高かったせいです。台風は、暖かな海水がエネルギー源なんですが、当日の太平洋沿岸の海水温が真夏の頃のような27~28度もあったそうなので、致し方ないのですが、9月も半ば過ぎなのに、何故に海水温が高かったのか?と云う方が気になります。

ちなみに、原発の非効率な発電原理のせいで、発電時に発生する熱の3分の2の熱が海に捨てられていると云うことが、海水温の上昇を招いている一因なんですがねぇ。

それと、普通、台風は上陸すると急速に勢力が衰えるもの(=エネルギー源が断たれるから)なんですが、何故、上陸後もあまり勢力が衰えなかったのでしょうか?よく判りません。

台風15号経路図201109
台風第15 号による暴風・大雨(第1報)-気象庁- より

さて、お題の『御礼』のことですが、昨日、何気に自分のブログを見ていたら、二つ前の記事『ああ、勘違い支援。。。無邪気な罪』の下のほうにある「ツイートする」に、何やら数字が入っているのに気付きました。
この「ツイートする」機能が何なのかよく知らないままですし、ツイッター自体、2~3のサイトをROMしているだけで、あまり理解しているとは云い難いのですが、いままで「ツイートする」の横の数字は“0”しか刻印されていなかったので、初めて見る“0”以外の数字をおそるおそるクリックしてみました。

たぶん、誰かのツイッターが展開されるのだろうとは思いましたが、「勘違い支援で鼻息を荒くしている輩がツイートしていたら面倒くさいな…。まっ、そんときゃ、無視だ!」と覚悟を決めて見たんです。

ところが、そんな私の心配に反して、そこに書かれていたことは、私の記事を推薦してくれたものでした。
チョッとした驚きでしたが、ありがたい事です。ツイートの効果の方は如何ばかりか判りませんが、たいへんな励みになります。ありがとうございました。

この方は、オーストラリア在住の方のようですが、もしかしたら、私の知人の知り合いかも知れません。プロフィールを拝見すると、3.11をキッカケに、原発をはじめとする日本の様々な問題に目を向けられ始めたようです。おそらく、祖国から遠く離れた地にお住まいで、崩れ落ちそうな祖国の現状にいてもたってもいられなくなり、ツイッターと云う手段を以って、祖国の支援を始められたんじゃないかと思います。

美奈子@venus28aust オーストラリア

この美奈子さんに限らず、いえ、日本人ばかりでなく、日本を愛し応援してくれる多くの外国人の方がいます。
まだまだ多くの日本の人々は、これだけの災難にあっても問題の本質に目覚められなかったり、本能的には気付いていても目を伏せて逃げてしまっています。まあ、天災がいつ来るか判らない、放射能が目に見えない、低線量被曝の悲惨な影響がすぐには顕れない等々の理由が人々の目を眩ますのですが、それを上手く利用しているのが既得権益者たちなのです。

既得権益者たちが並べる美辞麗句の裏にある奸計を見抜き、自分に出来る活動をしていきましょう。
例えば、国内にいるからといって「反原発6万人デモ」に参加できなくてもいいのです。それに賛同するツイッターやブログ、署名などのもっと小さな活動に参加するだけでも、これが将来、大きな結果に結びつくはずです。

野田政権になっても、やはりダメですね。初めから期待はしていませんでしたが、自公民をはじめとする今の政治家たち(多くの官僚も)は、日本の問題の本質を違う視点で見ているか、都合よく捻じ曲げています。

よく、反原発家は左翼活動家のように言われますが、全く関係ありません。何故なら、今の民主党の議員、党員の多くは、元々左翼の活動家だった人たちだからです。60年安保、70年安保の時なんかにバリバリの活動家だったんですよ。
反原発や反TPPなどに、右翼も左翼もありません。日本人として、人として、事実を知って真っ当な意見を持ち、主張し、生きていくのに後ろめたい事は何一つありません。肝心な部分で他人に依存しない人が、一人でも多く生まれて欲しいと思いますし、今の流れならそれも実現可能と信じています。

もう一つ、本記事の終わりのほうになり申し訳ないですが、いつも励ましのコメントをくれる「あやみさん」にもお礼を申し上げます。

つれづればな ←あやみさんのブログです。

あやみさんが、私の問い掛けに応えてくれた、『「格差の上位の確保と維持」のために他の誰かを押しのけたり嘘をついたり…これは子供たちが幼稚園などの社会で覚えることです。そこから成長するにつけ善悪の判断が身につくはずなのですが、社会の上位に食い込むことができる人種に限ってそれが出来てないときている…まったく困った世の中です。』・・・と云うことは、まさにその通りで本当に困ったもんですね。

人を蹴落として我が世の春を謳歌する事は、日本でも遥か昔からありますが、物欲に誤魔化された平和ボケが余りにも多いのは、現代の特徴ではないかと思います。これは、アメリカが主導した戦後教育の結果じゃないでしょうか!?
ただし、戦前の教育とか、日教組がいいとも思っていませんがね。

とまあ、これからも私は私なりに出来る事として、このブログから何かを発信していきます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://major2.blog78.fc2.com/tb.php/73-b99feb5c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

オルダ

Author:オルダ
『三丁目の夕日』時代に、東京都心の某三丁目で産湯に浸かった、不思議マニア、地震雲ウォッチャーにして、野球大好きな、どこにでもいるオヤジの一人です。

ブログのタイトルは、子供の頃に好きだった『天才バカボン』のパパさんの決め台詞から拝借いたしました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

FC2ブログランキング
最近のトラックバック

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。